DSC_1295

住宅は様々な荷重を受け、それに耐えなければなりません。

建物の自重や積雪、積載荷重、地震時の荷重、風圧力による荷重、これら全ての荷重が、基礎に伝わり、地盤で受けるような形になります。

(写真は150ミリ幅の基礎)

そのため、着工前に行う地盤調査はとても重要な作業です。

また、荷重は下へ受けていくばかりでなく、地震時の引き抜きや、風圧による屋根の浮き上がりなど上方へ向かうものもあります。そのため、金物も大切です。

建物は、地盤、基礎、金物、躯体と全てが重要なものなんですね。


 

関連記事

2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る